2014/02/17

ロードバイクに泥よけ

ワンタッチで着脱できる泥よけ欲しい、と思ってたら上司が良さ気なの買ってた。

ロードバイク通勤してると、天候によってイヤンなパターンがある。午前中は晴れてて夕方雨が降るパターンは電車で帰宅、チャリは社内待機。朝は晴れてて昼雨で夕方また晴れるパターンの時はチャリで帰る。チャリで帰るんだけど、道路の水が跳ねまくってリュックと股がびしょびしょになる。イヤン。

上司はコレ↓を買ってて、着けた見た目もいい感じ。でも着脱に若干時間がかかるらしい。

こっちを買って見るか・・・?

追記:これ両方いっしょじゃね

2014/02/11

「怪奇と幻想 メディウム」

早速、全巻揃ったので読むんだぜ。

2014/02/03

nikki

書評ですらない「読んだ」日記となっております。

「生命保険のカラクリ」

生命保険のことをよく知らないので読んでみた。すげー参考になった。早くも「読んでよかった本2014年版」入りだこれ。今は「民間医療保険に入る必要なくね?」「かけ捨ての定期保険だけでいいわ」と考えている。

さて、内容とは直接関係ないけど、この本の序章で著者がとても良いことを言っていた。以下に引用しておく。

P.22 保険会社として営業を始めてからは、まだ一年半しか経過していない。これまでの業界の常識からすれば、「新入り」の私が業界の全体像を語る資格などないと思われることだろう。だが、誰でも少しずつ、その業界に身を置く時間が長くなればなるほど、その規範と常識に染まっていく。はじめの頃は不思議に感じていたことが、いつからか当たり前になっていく。とすれば、まだ新鮮な気持ちを持ち合わせているいまの自分が見た業界の姿、業界の人々の常識とのギャップの中身を、より多くの人たちに知ってもらう意味はあるのではないか。これが本書を執筆しようと思った動機である。

ちなみにこの著者、ライフネット生命の副社長とのこと。

もちっとよく知りたいので、もう一冊くらい読んでみよう。これにしようかな。

余談だけど、「生命保険は金融商品」ということらしいので、投資信託・インデックスファンド・株式・国債・MRF・ETF・MMFなどなどをザックリ解説した本も読んでみたけど、やっぱ投資の世界は「手を出したらあかん世界や」という認識は変わらなかった。多額の資産を持っていれば、株式に少しとリスクの低い商品に手広く分散投資したらいいかも、と思った。自分のような小市民には縁のない世界だな。

2014/02/01

「交渉プロフェッショナル 国際調停の修羅場から」を読んだ

交渉相手の警戒を解き真意を引き出すテクニック、決裂必至の国際会議で合意を作る根回し術、当事者全員に利がある調停の肝は、「戦わない」交渉哲学から生まれた―。コソボ軍事紛争調停からCOP10名古屋議定書採択まで、不可能を可能にした交渉・調停の達人が、知られざる国際交渉の舞台裏を生々しく伝える。日本の底力と可能性を浮き彫りにする、驚きと感動の書。

読み物としてなかなか面白かった。国際紛争調停官だった著者が「こういう国際的な交渉現場で、こんな風にまとめ上げたよ」ってエピソードが語られている。「こういう仕事してる人がいるんだー」って勉強になったわ。でも、生々しさはそんなになかった。あんまり詳しく話すことができない事情は、まあ、そりゃーあるんだろうと思う。

P.14 さまざまな合意のなかでも、結局長続きするのは、当事者同士が納得している合意だけです。いくら力で押さえつけても、その下に不満がくすぶっていれば、争いはいつか必ず再燃します。どんな交渉でも、表面の勝ちばかりを追っていると、その場はよくてもいつか必ずしっぺ返しがきます。私自信も、「負けた」と感じた相手の思いが、次第に「損をさせられた」「だまされた」「恥をかかせられた」という不満に変わって蓄積してゆき、結果的に思わぬところで想定外の妨害をされたこともありました。

これはこの本以外でも、よく「重要なことだよ」って言われますね。そういや、うちの社長も言ってたな。やっぱwinwinじゃないとね。押し切ったりゴネたり陥れたり騙したり、やっちゃいけませんね。

P.29 「お前の言っていることは一〇〇パーセント正しい。それは認める。ただ、”場”を考えろ。とにかく頭を冷やせ」

若い頃って、こんなだよな。

「わかった。じゃあ俺が先方に謝っておく。俺はお前のボスだ。お前の代わりに俺が謝って問題が解決できるのだったら、お前はすぐに戻ってこい。お前自身にできることがあるなら、それをやってから帰ってこい。その判断は任せる。ただ、焦って、何とかしなきゃと一人でどんどん穴を掘っていくのだけはやめてくれ。そのときは、問題解決のために誰かを送るし、俺がそちらにいってもいい」

まだ半人前だった著者にメンターがかけた言葉。なんちゅうカッチョイーボスや・・・。

P.79 オレンジが一つあって、それを二人の姉妹で分けたい。どちらも三分の二を欲しがっている。このとき、どうやって解決案を出せばいいか?

これ、回答を含めしょっちゅう見かける寓話ですね。好きですこの寓話。

P.182 自分の手柄が反映されている提案には、なかなか反対できないのが人間の心理というものなのです。

相手にコミットしてもらうって話。「影響力の武器」の「コミットメントと一貫性」の話と同じですね。

私は、交渉の場で嘘をつくことは決してしません。嘘や間違った情報を意図的に交渉に織り交ぜてしまうと、必ず破綻するからです。偽の情報を交ぜた経緯を守るためにさらなる嘘の上塗りをしていく羽目になり、いつの間にか目指すべき方向性から外れてしまいます。

「一つの嘘をとおすために別の嘘を二十発明せねばならない。」なんて話もありますしね。

結構ライトな内容なので、サクサク読める本でした。

「図南の翼」を読んだ

先日、買って読んだ。やっぱり十二国記は大変良い。読後感が素晴らしい。しばらく十二国記の世界から帰ってこれなかった。

18年前の本なんだな・・・、これ・・・。中高生の頃に読んでたら、影響を受けて人生変わってそうだわ。

十二国記は、アニメを全話みた。小説を読むのは初めて。十二国記は、どの話もさすが小野不由美作品だけあって、前置きが長くてちょっとつらい。そのぶん、後半の畳み込みで脳汁が出まくる。「風の万里 黎明の空」「月の影 影の海」なんかも、小説で読みたいと思った。十二国記、完結するんだろうか・・・。

ところで、何故かここだけメモしてた。

目の前にいる困った人を見捨てることがひどいことなんだったら、目の前にいる人が将来困ることを承知で何かをねだるのも、同じくらいひどいことになりはしない? (図南の翼 P.231 珠晶)


ブログを書く気分にならないんだなー

「あ、これブログに書こー」と、いくつかメモしているものがある。テキストを書くこと自体はけっこう好き。だけどブログを書く気が起きないなー。