2014/02/03

「生命保険のカラクリ」

生命保険のことをよく知らないので読んでみた。すげー参考になった。早くも「読んでよかった本2014年版」入りだこれ。今は「民間医療保険に入る必要なくね?」「かけ捨ての定期保険だけでいいわ」と考えている。

さて、内容とは直接関係ないけど、この本の序章で著者がとても良いことを言っていた。以下に引用しておく。

P.22 保険会社として営業を始めてからは、まだ一年半しか経過していない。これまでの業界の常識からすれば、「新入り」の私が業界の全体像を語る資格などないと思われることだろう。だが、誰でも少しずつ、その業界に身を置く時間が長くなればなるほど、その規範と常識に染まっていく。はじめの頃は不思議に感じていたことが、いつからか当たり前になっていく。とすれば、まだ新鮮な気持ちを持ち合わせているいまの自分が見た業界の姿、業界の人々の常識とのギャップの中身を、より多くの人たちに知ってもらう意味はあるのではないか。これが本書を執筆しようと思った動機である。

ちなみにこの著者、ライフネット生命の副社長とのこと。

もちっとよく知りたいので、もう一冊くらい読んでみよう。これにしようかな。

余談だけど、「生命保険は金融商品」ということらしいので、投資信託・インデックスファンド・株式・国債・MRF・ETF・MMFなどなどをザックリ解説した本も読んでみたけど、やっぱ投資の世界は「手を出したらあかん世界や」という認識は変わらなかった。多額の資産を持っていれば、株式に少しとリスクの低い商品に手広く分散投資したらいいかも、と思った。自分のような小市民には縁のない世界だな。

0 件のコメント:

コメントを投稿