2013/03/25

雑なリマインダ その2

以前、こんなものを作った。

こんな雑なbatだけど今でも使っている。でもタスクバーにcmdが出っぱなしなのでうざい。間違って閉じてしまうこともある。ということで、改良というより作りなおしてwindows標準のタスクスケジューラに登録するようなものにした。Windows7だと動くと思います。

タスクは実行されたあとに削除されるようになっている(/Zオプション)。ただ/ZオプションをつけただけだとXMLがどうのこうのというエラーが出るので/V1オプションを付けてある。

エラー: タスク XML に必須の要素または属性が含まれていません。
(41,4):EndBoundary:

タスクスケジューラに登録するID文字列を作るときに日付と時間を使ってるんだけど、そのフォーマット指定がえらいことになってる。

それと、結局使ってないけど、コマンドの結果を変数に保存するのにforを使う必要があるらしく、これもやけに大変だな・・・。勉強になるなぁ(白目

@FOR /F "usebackq tokens=*" %%i in (`DATE /T`) DO @SET TASK_CREATE_DATE=%%i

ついでにメモしておくと、unixでいう cat は type、diff は fc、traceroute は tracert、grep は findstr、ifconfig は ipconfig 辺りで代用できるって認識で良いのかね。more、arp、ping、netstat、nslookup なんかは同じのがあるようで。


0 件のコメント:

コメントを投稿